薪割り2006年12月28日 14時30分50秒

makiwari

もう何年前になるだろうか?薪割りをしたのは?、
まだガキの頃、小学校高学年から、
中学生に掛けての
我が家の男の子の冬場の日課は薪割りだった。
五右衛門風呂を、薪で沸かして、
その灰の中にサツマイモを埋めて焼き芋を作って
食べるのが唯一のおやつだった。
薪のもえがらの”オキ”と灰を上手にブレンドしないと 上手に焼けない。
失敗して片側を炭にしてしまうと、その日の、おやつが無くなる。
兄たちのコツを覚えるのに真剣だった。
こちらでは、 暖炉の燃料に薪を使う。

建屋全体はセントラルヒーテイングだが、通常は低い温度にして置き 皆が集う、居間を暖炉で暖めている。
最新型で結構熱効率がよさそうだ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsuru3san.asablo.jp/blog/2006/12/28/1077838/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ 葛飾区の案内 - 2007年05月11日 09時53分06秒

葛飾区についての情報を豊富に取り揃えています。